MENU

返済負担を軽くするのがおまとめ

おまとめローンは、ローンを一つにすることと考えられていますね。利用している複数のローンを一本化することが、もちろんおまとめローンの最大の目的となるでしょう。ローンをまとめる、利用しているローンの数をできるだけ減らすのは、返済の負担全体を軽くすることにつながります。

 

 

返済の負担は、金額的なものだけではありません。返済にかかる手間、時間などは具体的にお金には換算できないことですね。しかし、長期に渡って毎月必ず複数回の返済を行うというのは、かなり大きな負担となるはずです。これを軽減できるのが、ローンのまとめでしょう。

 

つまり、おまとめローンの利用は、まとめることだけにこだわる必要はありません。ローンの数を減らす、返済方法を変える、返済手数料がかからない方法を選ぶといったように、返済の負担を軽くする方法はたくさんあるのです。

 

おまとめローンを申し込む前に、現在利用中のローンでの問題点や気になるところをきちんと把握しておきましょう。できれば、一番気になっていることを挙げておくほうがよいですね。というのは、すべての希望を叶えることができる、理想的なおまとめローンに出会えないこともあるからです。返済で最も気になっていることを、クリアにできるローンでまとめるようにしましょう。

 

おまとめローンを探している時は、どうしても一つにまとめることだけに気持ちが集中してしまいますね。金利も確かに重要ですが、できるだけトータルで負担を減らせるローンを探しましょう

 

複数ローン利用のデメリット

複数のローンを利用しているデメリットは、実はとてもたくさんあるのです。ずっと返済を続けていると、慣れてしまう部分もあります。しかし、利用するローンの数は、できる限り減らすほうがよいでしょう。

 

・返済日が何度もある
利用しているローンが多いと、返済日に返す→また別のローンの返済日がやってくるという流れの繰り返しになります。これを借入額によっては、何年も続けていかないといけません。

 

返したと思ったらまた返済、お金の準備が大変というだけではないですよね。実際に返す時も口座にお金を入れておく、ATMに返済しに行くといった手間もかかります。

 

・月々の返済額が大きくなる
複数ローンを利用することで、どうしても返済額は大きくなるでしょう。お給料日は月に一度で返済日が3度もあると、お金の準備は簡単ではありません。

 

たとえば、月々の返済額は変わらなくても金利が下がるおまとめローンに申し込んだとします。そうすると、返済期間を短くできるというメリットが出てきます。

 

・気持ちの負担が大きい
お金を借りているというだけでも、気持ちが重くなってしまいますね。複数のローンとなると、その分気になることも増えてしまうでしょう。「また返済日がやってくる…。」と考えるだけで気持ちが滅入ってしまうかもしれません。

 

おまとめローンは、複数ローン利用でのデメリットを失くせる最適の方法となってくれるでしょう。今利用しているローンの返済で気にかかることがあるなら、おまとめローンを使うことを考えてみる時期といえます。

 

こんなタイミングでおまとめローンに申し込もう

おまとめローンを利用するべきタイミングというものがあります。現在の返済に少しでも負担を感じているなら、その時がおまとめローンに申し込むタイミングとも言えます。しかし、返済をずっと続けていると、目の前の返済日を乗り越えることだけ考えてしまいがちです。ローン返済では、長期的な計画が大切な点ですよね。

 

おまとめローンに申し込むのは、2社以上のローンを利用している場合です。一社利用中に限度額まで到達してしまった時に、別のローンに申し込むなどして、借入先が増えてしまうことがあります。また、一社のみ利用中でも金利がより低いローンを見つけたら、借り換えを検討してみましょう。

 

おまとめローンは、まったく別のローンで一つにするという方法があります。また、利用しているローンの中で一番低金利のもので限度額を増額するということも視野に入れてみましょう。この場合の注意点はまとめる予定のローンが、実際におまとめローンとして対応しているかを確認しておくこととなります。また増額も審査を受けることになるのです。審査結果によっては、増額できないこともあるでしょう。

 

借入残高などによって、おまとめ先の金利と返済額の設定のため、逆に返済額が増えてしまうケースもあるのです。おまとめするタイミングは、借入残高にも気を付けて選びたいものですね。

 

ローン利用期間は、利息は日割りで計算されます。おまとめしたいと考えたら、1日でも早く利用することで、利息を減らせる可能性が高くなるでしょう。おまとめのタイミングはとても大切ということです。

 

おまとめローンで失敗しないために

おまとめローンの利用が、いつでも返済負担を減らせるわけではありません。おまとめローンで失敗してしまわないために、どうすればよいのか見ておきましょう。

 

返済シミュレーションをきっちりとする

借入残高に基づいて、申し込み予定のおまとめローンで、きっちりと返済シミュレーションを行いましょう。

 

というのも利用中のローンより金利が低いから、返済額が絶対に少なくなるというわけではありません。返済期間が長くなると、利息の負担は大きくなります。約定返済額を減らすことで、返済期間が長くなることもあるでしょう。シミュレーションをして、まとまる利点を明確にしておくべきです。

 

なにが一番返済で大変だと感じているか

月々返済している額が、とても大きくなってしまっていることで負担になっている場合がありますね。また、返済期間が長いことが大変だと思っている方もいるでしょう。返済日にATMまで行って返済しないといけないことが、面倒だと感じているかもしれません。ローンを利用している方によって、一番大変なことは当然違っています。何が一番大変だと思っているのかを、具体的に把握しておかないといけません。

 

返済方法を確認する

返済方法が面倒だと、返済遅れにつながりやすくなってしまいます。自分にとって、一番負担の少ない返済方法があるおまとめローンに申し込むべきでしょう。金利だけを見て申し込んだら、手数料のかかる返済方法しかないおまとめローンだったということもあり得ます。結局そのほうが返済する額が大きくなってしまうかもしれません。

 

おまとめローンに都合のよい返済方法があるのか、確認しておくことは必須です。